野菜の激安直販店!JA紀の里 めっけもん広場。和歌山のお出かけ・ツーリングスポット

0

    JUGEMテーマ:旅行

     

    最近全国でも話題沸騰中の、ファーマーズマーケット。

     

    そんな大型直売所の先駆けとも言えるのがめっけもん広場。

    ここ10年は年間25億円以上の売上を記録しています。

    テレビでもよく紹介され、つい先日も

    大阪ほんわかテレビで、「たむらけんじ」さんと吉本新喜劇の「すっちー」がロケに来ていました。

     

    先日、我が家も「JA紀の里 ファーマーズマーケットめっけもん広場」へ行ってきたので

    その時の様子を紹介したいと思います。

     

     

    めっけもん広場は、時間に余裕がある時やおいしい野菜が食べたく

    なった時に、ちょこちょこ利用させてもらってます。

    我が家からは車で40分ほどかかるので、なにかめっけもん方面の用事のついでによく行きます。

     

    この和歌山ファーマーズマーケットめっけもん広場は、

    日本最大級の農産物売り上げを誇る農産物直売所で、

    採れたての野菜や果物が安く手に入るので、とても人気があります。

     

    メディアでの紹介が増えるたびに、客も増えて行ってる気がします。

    車のナンバーを見ても「大阪」とか「兵庫」とか。「奈良」とか。

    県外からも買いに来るぐらい人気です。

     

    最近ではバスツアーにも組み込まれるのか、

    観光バスまで何台も来ることも・・・

    確かに都会にお住まいの方にはこの価格は破格だと思います。

     

     

    めっけもん広場のしくみ

     

     

    各農家の方が直接、野菜や果物を持ち込んで、スーパーマーケットのように

    売り場に商品を並べていきます。価格も農家の方が決めるそうです。

    そうして並んだ品を客が自由に選んでレジで清算する。というお店です。

     

    生産者が自ら作った農産物を、 市場を通さずに直接販売するから、

    地元で採れた野菜や果物が、とても新鮮な状態で、そして、お手頃価格で

    手に入るんですね。

     

     

    おススメのポイント

     

    なんといっても、野菜の新鮮さと安さだと思います。

     

     

     

    2018年6月上旬時のデータですが、

    レタスが1玉90円。ナスも120円の一袋で大きなナスが3本入っています。

    他にも大きめのキャベツが1玉150円、大根1本150円、玉ねぎ1.1kg88円など。

     

    そして、なにより、新鮮なんですよね。

    野菜って、あまり日持ちしないイメージないですか?

     

    でも、めっけもん広場で購入した野菜たちは本当に長持ちします。

    市場を通さないから、収穫したその日に商品として並んでいる

    「朝どれ」と書いているような品もあります。

    直接販売のいいところですね。

     

    そして、

    めっけもん広場に入ってすぐに広がる、季節の果物コーナーもおススメです。

     

    今の季節は桃と梅。梅干しや、梅ジュース、梅酒用に使う梅の実が

    大中小いろんなサイズで、青いものから熟してきている黄色いものまで。

     

    ふつうのスーパーで買うよりも断然安いです!

    南高梅LLサイズ1キロで500円ぐらいでした。近所のスーパーでは

    Lサイズ1キロで900円ぐらいだったので、かなりお得だと思います。

     

    桃も、2個入りパックから贈答用に専用の段ボールに入ったものまで売っていました。

     

    いちご、スイカ、メロン、柿。季節ごとに、大販売会みたいな感じで、

    割と広いスペースを取って商品を並べています。


    あと今回はメロンと、キュウリの漬物の試食をしていました!!!

    キュウリの漬物は、その漬物を作るための素を紹介するための

    試食だったのですが、すごく美味しくて気に入ったので購入しました。

     

    前は柑橘類の試食もやっていましたし、100%ジュースの試飲なども

    やってる時があります。

    試食、試飲で無駄につまみ食いをするのはダメだけど、

    どうゆうものか試してみるのも楽しいですね。

     

    めっけもん広場でたくさんの新鮮な野菜や果物をみていると

    ついつい、大量買いしてしまいます(笑)

     

     

    買い物が終わった後のお楽しみ♪

     

    会計が終わった後、サッカー台で袋に入れてお店の出口をでると、

     

     

    ここのたい焼きがおいしくて、ついついおやつに買ってしまいます。

    たい焼きがおいしいだけではなく、お店の人もとても楽しいおじさんで

    いつも小学2年生になる息子にも声をかけてくれます。

     

    この前はじめて、「イカ焼き」を注文しましが、すごくおいしかったです。

     

     

    駐車場事情

     

    最後に、車で来た時の駐車場について、書いておきます。

     

    めっけもん広場の前の粉河加太線はよく駐車場に入る車が並んでしまって渋滞をしています。

    そして、第1、2駐車場に入りきれず溢れている状態を、よく見かけます。

     

    なので、私たちは最初から第3駐車場の方へ停めています。

    第3駐車場は広いですし少し店舗から離れているからか、いつも余裕で駐車できます。

    正面の駐車場の順番待ちをするよりも、スムーズにお店に入れますよ。

    めっけもん広場の西側の交差点を北上するとすぐにあります。

     

     

     

    もっともっとご紹介したいことがたくさんありますが、

    今回はこれぐらいで。また更新します☆

     

     

     

     

     


    和歌山でホタル鑑賞ができるスポットのご紹介

    0

      JUGEMテーマ:旅行

       

      もうすぐそこまで、ホタルの季節がやってきましたね!

       

      毎年、気づいたころには蛍の季節真っただ中で、

      そこから、どこにホタルを見に行こうかな。と場所をさがしたりするので、

      結局は、見頃を過ぎてしまっていたり、天候に恵まれなかったり。と

      あまりいいタイミングで蛍を見に行くことができていません・・。

       

      そこで!今年は前もって調べてみました。

      和歌山で開催される蛍イベントもあったので、蛍の鑑賞スポットと併せて紹介します!

       

      まずは、ホタル観賞をするにあたっての、心構え・マナーからご紹介。

       

       

       

      ホタル鑑賞の基本情報とマナー

      ・ホタル観賞に適した「時間帯」
       夕方、暗くなり星の光が見えてきた19時半ごろから少しずつ光を出し始めます。

       19時40分〜21時がホタルが多く飛ぶ時間です。その時間帯を目指しホタルの観賞に出かけたいですね。

       21時を過ぎると飛んでいるホタルの数が急に減ってくるそうです。

       

      ・ホタル観賞に適した「気象条件」
       風がなく生暖かく感じる月明かりもない暗い夜に、ホタルが多く見られるそうです。
       風の強い日や冷え込む日には、夜になっても草むらに隠れたまま、飛び回らず光を出さずに

       じっとしているものが多くなるようです。

       

       また月明りのない夜や、暗がりのある場所では、ホタルが多く見られます。
       雨が降っても飛ぶ数が減るようなので、ホタル観賞には、気象条件を確かめてお出かけ下さい。

       

      ・マナーを守って、ホタル観賞をしましょう
       ホタルは暗い場所で交尾のためのメスを探して光るため、強い光が嫌いです。

       車のライトの苦手なので、ついたらライトは消すようにしましょう。


      当然なのですが、ホタルを捕らえて持ち帰るのはやめましょう。

       

      楽しくホタル観賞をするためにもマナーは守りたいですね。

       

      ホタル観賞スポットのご紹介。

       

      きしべの里公園 ホタルの館

       

       

       見頃…6月上旬 午後8時ごろから9時半ごろまで

       アクセス…電車:和歌山電鐵貴志駅→徒歩10分

             車:阪和自動車道和歌山ICから約30分、泉南ICから約40分。

               京奈和自動車道紀の川ICから約20分

       鑑賞エリア…貴志川諸井橋上流のほたる鑑賞池付近

       

       

      かつらぎ町ほたるの里

       

       

       見頃…6月初旬〜6月下旬

       アクセス…京奈和自動車道かつらぎ西ICから約25分

       駐車場…天野地区:丹生都比売神社60台

           志賀地区:志賀ふれあい会館20台

       鑑賞エリア…天野地区の谷川や真国川のほとり

       

       

      田口川砂防公園

       

       

       見頃…5月下旬 〜 6月上旬  午後8時頃

       アクセス…阪和自動車道 有田IC下車
            阪和自動車道高架下を北進
            有田川を渡り信号を左折
            国道480号を約300m走り右折 
            約2、3分で看板あり 車で約5分

        駐車場…ほたるシーズン中は公園への車の乗り入れは出来ないので

            駐車場からほたるのポイントまで徒歩になるそうです。

       

       

      ともぶち八幡神社付近

       

       

       見頃…6月初旬〜下旬

       アクセス…電車:JR笠田駅下車 JR笠田駅から車で約30分 

            車:阪和道和歌山ICから 県道3号経由 29km 45分

        駐車場…和歌山県ともぶち中学校に臨時駐車場有

       スポット…山里へ降りていった民家と田園の間に流れる小川付近

       

       

      重谷川(じゅうだにがわ)

       

       

       見頃…6月初旬〜中旬

       アクセス…JR和歌山線名手駅から車で約11分

            国道24号小嶋交差点北進、県道粉河那賀線を東へ2分程

       スポット…紀の川から上流約1キロ付近

       

       

      蛍イベントがあるスポットのご紹介。

       

      <ホタル観賞の夕べ>

       

       

       自然のホタルを鑑賞しながら、

       尺八・琴・三味線の演奏やホタルマンとのゲーム大会などが開催されます。

       

       開催日…2018年5月26日(土) ※雨天順延

       開催地…日高川町玄子地内

       

       住所…和歌山県日高郡日高川町玄子

       アクセス…阪和自動車道御坊湯浅道路川辺ICから 約3分

            湯浅御坊道路川辺ICから県道190号経由 約5分

       駐車場…ホタル観賞の夕べ開催時のみ 無料 50台

       

       蛍の鑑賞情報

        鑑賞エリア…玄子地区を流れる中津川沿い

        蛍の種類…ゲンジボタル(自然発生)

       

       

      <寒川ワンダフルナイト> 

       

       「寒川ワンダフルナイト〜ホタルと竹キャンドルの夢のコラボ〜」

       少し規模をコンパクトにしつつ大人から子供まで楽しめる素敵なイベントを目指しています。

       

       開催日・開催地

        …昼の部 14:30〜18:00(会場:旧寒川中学校周辺)
        …夜の部 19:00〜21:00(会場:寒川共同会館周辺)

         ※雨の場合は、翌日に順延 6/3(日)開催します。

       

       住所…和歌山県日高郡日高川町寒川

       アクセス…和歌山市・大阪方面からお越しの場合

             阪和自動車道 有田IC下車、県道22号線を東へ、国道424号線が便利です。

            御坊方面からお越しの場合

             県道26号線、国道424号線を経由するルートが便利です。

       

       駐車場…旧寒川中学校のグラウンドを用意しています。

           ※自家用車での来場をお願いしております(電車・バスでの来場は難しいため)

       

       

      蛍の光は本当に神秘的で、心癒されるひと時を過ごすため、

      マナーや鑑賞スポットを事前にしっかりおさえておきましょう!

       


      阪和自動車道(阪和道)の渋滞回避、迂回方法。白浜帰り編

      0

        JUGEMテーマ:旅行

         

        和歌山、串本、白浜アドベンチャーワールド帰りの高速阪和自動車道の大渋滞、回避迂回方法。

         

        和歌山県の高速道路、阪和自動車道。

        年末年始、行楽シーズン、ゴールデンウィークに夏休み、

        お盆休みにシルバーウィーク。

        とにかく天気がいい行楽日和の週末は必ずと行っていいほど渋滞する夕方以降の阪和道。

         

        広川、有田辺りを先頭に、長ければ20km以上の大渋滞になることも・・・

         

         

         

        南紀白浜アドベンチャーワールドに温泉、

        船釣りに磯釣り、温泉にゴルフに観光、

        一日楽しく遊んだ帰りに大渋滞はきついですよね。

         

        阪和道の渋滞のひどい所は、中国道や名神の渋滞と違って、

        片側1車線なのでピタッと停滞してしまう時間が長いこと・・・。

         

        距離の割に抜けるのに時間がかかってしまいます。

         

        ひどいときには20分位で抜けられる所が2時間近くかかることも・・・

        そこに事故なんかが加わって目も当てられない状態に。

         

        そうなってくると困ってしまうのがトイレ。

        特に小さいお子様と一緒に遊びに行っているととっても困ってしまいますよね・・・。

         

        渋滞中の吉備湯浅パーキングエリアは入るのにもまた渋滞しています^^;

         

        なので我が家では帰宅時間が遅めになって渋滞に嵌りそうな時間なら、

        渋滞情報をみて、ある程度渋滞の距離が出ていると迂回路を使います。

         

         

        大渋滞にはこれ!

         

         

        お子様だけじゃなく大人もあると安心ですよ!

         

         

         

         

         

         

        渋滞迂回、山越えルート。

         

         

         

        迂回路をグーグル・マップにルートで引いてみました。

        我が家では白浜方面や串本、南紀地方に行った場合、

        中辺路や熊野、本宮方面へ出かけた帰りはよくこのルートを使います。

         

         

         

        高速道を通る場合に比べ、

        白浜方面からだと約25km距離が多くなって、

        渋滞なしの場合と比べると40〜50分余計にかかってしまうのですが、

        ずっと2車線の快走のが続く上に適度な距離で道の駅もありますので、

        トイレにも困りません。

         

        阪和自動車道の渋滞は完全にに停滞してしまう時間も多いので、

        このくらい走行時間や距離が長くなっても、結果的に早いことが多々あります。

         

        文字にするとややこしいですが、

         

        白浜で国道42号線から国道311号線に入ってから、

        合計で3回しか交差点を曲がりませんので実際に走ると、非常にわかりやすいです。

         

        簡単にルートを文章にすると、

        朝来駅南の国道42号線岩崎交差点より国道311号線へ入り、

        中辺路の鍛冶屋川口交差点より和歌山県道198号線へ入ります。

         

        少し走ると国道425号線に出ますので(噂に聞く酷道425号ですがこの区間は広い快適路です)

        左折して走ると国道424号線に真っすぐ走っていると変わります。

         

        あとはひたすら真っすぐ走っていると有田の町に着きますので、

        徳田交差点を左折し和歌山県道22号線へ。

         

        数キロ走ると阪和自動車道の有田インターに到着します。

         

        有田インターチェンジから高速に乗りますと、合流車線がそのまま走行車線に変化して2車線化するポイントになりますので、

        よほどの事故でもない限りここから先の渋滞は泉南まではないでしょう。

         

        有田インター手前にはコンビニもありますので、

        トイレや食料飲料補給にも困りません。

         

         

         

         

        激混みのアドベンチャーワールド渋滞を回避するルート。

         

        それではアドベンチャーワールドを出発するという前提で詳細に地図を交えて説明していきます。

         

         

        夏休み中の南紀白浜アドベンチャーワールド、

        ナイトサファリなんかも面白いですが、

        終了後に一斉に車が駐車場から出ますので、渋滞がひどいです。

        高速道路へ乗るまででも大渋滞します。

         

        普通にナビにルートを入れて帰ろうとすると、

        とれとれ市場側に誘導されると思いますが、このルートで国道42号線に出たほうがスムーズです。

         

        お盆休みなど特に酷いときには、駐車場出口から右折側が既に大渋滞のときがあります、

        その時は下記のルートで更に迂回したほうが良い場合もあります。

         

         

         

         

        山越えルートの各交差点の説明

         

        国道42号線を北上すると、岩崎交差点に到着します、

        ここで右折して国道311号線へ入ります。

         

        岩崎交差点のストリートビューです。

        ここを右折します。

         

        ここから約15分、11kmほど走行すると、

        「道の駅ふるさとセンター大塔」があります。

         

        途中にもローソンなどコンビニがありますので、

        トイレの心配も少ないでしょう。

         

         

        更に国道311号線を北上していくと、

        鍛冶屋川口交差点に到着します。

         

         

         

        この交差点を左折し、和歌山県道198号線へ入ります。

        この先の峠の頂上付近にも、「水上公衆トイレ」という

        大きな駐車場のある公衆トイレがあります、

        私は使用したことはありませんが、山中のトイレなのにウォシュレットがあるそうです。

         

         

         

         

         

        更に進むと国道425号線に突き当たります、

        この交差点を、和歌山、日高川方面へ左折します。

         

        ここまでの道もそうですが、ストリートビューを進めてみてもらえればわかりますが、

        地図で見るよりはるかにキレイで走りやすい道です。

         

        この交差点から5分ほどで、「道の駅 水の郷日高川龍游」があります。

         

        更に約30分、29kmで「道の駅 しらまの里」があります。

         

        しらまの里から約20分 18kmほどで阪和自動車道有田インターチェンジへ到着します。

        徳田交差点を左折します。

        有田ICの看板が見えたら左折です。

         

        有田の街へ入ってすぐにコンビニもありますし、24時間営業のガソリンスタンドもあります。

         

        有田インターチェンジから高速に乗ると、ほとんどの場合もう渋滞は終わっていますので、

        あとは阪和自動車道をひたすら北上してください。

         

        渋滞がひどい場合、和歌山、紀の川サービスエリアの先でまた渋滞が発生していると思いますが、

        この渋滞はおとなしく高速道路の上で並んでいる方が結果的に早いと思います。

         

        以上が串本、白浜方面、アドベンチャーワールドからの阪和自動車道の渋滞迂回コースになります。

         

        山道を走るのが苦手だという方もいらっしゃると思いますし、

        同乗者の中に酔いやすい方がいる場合にもおすすめできませんが、

        軽いワインディングが楽しい!渋滞にハマるのは大嫌い!

        という方にはおすすめできるルートです。

         

        高速道路の渋滞状況と照らし合わせて、ルートの選択肢の1つとして

        参考にしていただければと思います。

         

         

         

        新宮、熊野本宮大社方面からの帰路には、渋滞していなくてもこのルート方がおすすめです。

         

         

        朝の渋滞、南向き、南紀方面への渋滞回避ルートは?

         

        ちなみに午前中の渋滞、

        つまり大阪方面より和歌山方面の渋滞の話です。

        有田インターチェンジを過ぎて2車線が1車線になる所から渋滞が発生します。

         

        しかしこの区間を過ぎると渋滞が緩和する傾向があるので、

        一番渋滞がひどい区間、海南を過ぎた辺りからのトンネルなのですが、

        有効な迂回方法がありません。

        一応和歌山県道18号線、地元民は海南高原と呼んだりしますが迂回路はあります。

        しかしこちらは結構ハードな山道ですし、よほどの渋滞ではない限り高速の上に居たほうが早いと思います。

         

        この朝の渋滞を回避するには早朝に通過するしかありません!

        普通の休日なら8時頃、

        連休なら7時前を目標に行けばもし渋滞にハマっても軽微なものと思われます。

         

         

         

        以上、参考になりましたでしょうか?

        和歌山に遊びに行くときの参考にしてくださいね!

        道路状況は毎日違いますので、あくまで参考までに・・・^^

         

         


        1