ヤフオク!に実際に250ccのバイクを出品してみる。(VTR250)

0

     

    JUGEMテーマ:車/バイク

     

    VTR250(250ccのバイク)をヤフオクで売る際に必要なことを調べてみた

     

    ヤフオク!に出したバイクが売れたので、実際に陸運局へ行ってきました。

     

    ヤフオク!で売れたバイクを運送会社に陸送してもらう!

     

     

     

    前回の投稿で、ヤフオク!にバイクを出品するには何が必要なのか理解したので、

     

    実際にVTR250を出品してみたいと思います!

     

     

    出品の下準備 塀駑爐箴態の確認)

     

    まずは、必要な書類が揃っているか、

     

    今回は250ccのバイクなので、

     

     

    軽自動車届出済証

     

    自賠責保険の証書

     

    この2つがあるか確認しておきます。

     

    軽自動車 届出済証は、もし紛失していても、陸運局に行けば再発行してもらえるようです。

     

     

    それでは出品を前に、自分のバイクの状態を把握するためにも、

     

    一度隅から隅まで洗車してきれいにしておきましょう。

     

    そして各部の状態をチェックしておきます。

     

     

    エンジンは掛かるか、

     

    アイドリングは安定するのか、

     

    異音はないか、

     

    白煙を吹いたりしていないか、

     

    オイル量は適正か、

     

    灯火類は正常に動作するか、

     

    タイヤの残り溝はどうか、

     

    傷や錆の状態、

     

    バッテリーの状態・・・

     

    などなど色々調べなければいけない箇所は多いですが、

     

    これらを面倒臭がらずに、事細かくチェックし、

    できる限り写真を撮り、包み隠さず説明文を掲載することで、

    落札者側に安心感を印象づけたほうが良いです。

     

    これは自分が買う側になって考えるとあたり前のことなのですが、

     

    写真は汚い、ぶれている、ピントが合ってない、枚数が少ない、

    説明が簡素、質問しても答えてくれない、

     

    というような出品者からは購入したくないですよね?

     

    オークションは写真と説明しか情報がありません、

     

    なのでここは面倒臭がらずに丁寧に詳細を説明しましょう。

     

     

    動画などを撮影してアップロードしておくのも大変良いです。

     

    今回私は動画まではしませんでしたが、

    キャブ車などはエンジンが掛からないかもしれないという不安が大きいので、

    キック一発で始動する動画などを載せれば安心感が増すと思います。

     

    キックする前に、素手でエンジンやマフラーを触って見せて、

    「事前の暖機運転はしてないですよ!」

    とアピールするのも効果的です。

     

     

    出品の下準備◆幣ι焚菫用の写真撮影)

     

     

    それでは隅々まできれいにしたので、

    写真を撮っていきます。

     

     

    まずは全体、

     

    カメラを望遠にして撮影したほうが全体のパースが歪まないのできれいに撮れます。

     

     

     

    次にタンクのアップ、

    傷や凹みの有無を確認できるように寄りで撮影。

     

     

     

     

    次にメーター、

    走行距離がわかるようにして撮影すると良いでしょう。

     

     

     

    タイヤのアップ写真も、残り溝の参考やタイヤの劣化状況がわかるので撮影したほうが良いでしょう。

    自分が買う立場になった時に気になるであろう場所は載せる努力をしたほうが良いです。

    入札者が競り合ってくれて落札金額が上がる要因になります。

     

     

     

    よく転倒傷の多いマフラーもアップ写真必須です。

    きれいなマフラーだと十分アピールポイントになります。

    社外マフラーもポイント高いと思います。

     

     

    あとは、

    最近ヤフオクでは写真が10枚まで掲載できるようになったので、

    可能な限り載せるようにしましょう。

    少しでも多いほうが参考になります。

     

    いざ出品!!

     

    それでは実際に出品していきます。

     

    カテゴリは、今回出品するのはVTR250 FI 2013年式 になるので、

    自動車、オートバイ>オートバイ>オートバイ車体>ホンダ>126cc-250cc

    の、カテゴリになります。

     

    次に必要事項を入力していくわけですが、

    「即売くん」のような出品ツールなどを使うと見やすいページに簡単にできて良いです。

     

    実際に出品したページの一部がコチラになります。

     

     

     

     

    あとは入札者があらわれ、

    あわよくば価格が高騰するのを祈るばかりです!^^

     

    オークションの終了時間ですが、いろいろな説はありますが、

    私は基本午後23:00前後に終了するように設定しています。

    日中はオークションに貼り付けない人も多いですし、

    23:00くらいが皆さん一息ついてゆっくりしているでしょうし、チェックしてもらえるかなと・・。

     

    はてさて今回のオークションは上手くいくでしょうか?

     

    また結果が出ましたら報告いたします。

     

     

     


    VTR250(250ccのバイク)をヤフオクで売る際に必要なことを調べてみた。

    0

      JUGEMテーマ:車/バイク

       

       

      ヤフオク!に実際に250ccのバイクを出品してみる(VTR250)

       

      ヤフオク!に出したバイクが売れたので、実際に陸運局へ行ってきました。

       

      ヤフオク!で売れたバイクを運送会社に陸送してもらう!

       

      も、合わせてご覧ください。

       

       

       

      私が所有しているホンダの250cc、VTR250 FI 2013年式を

      今回手放すことになりましたので、買い叩かれる買取業者などではなく、

      頑張ってヤフオクで売ってみようと思います!

       

       

      VTR250 2013年式 椿山ダムにて

       

      まずヤフオクで売ると言っても、今回はバイクですので、

      売ったあと、売る前なんかにする手続きなどがありますので、

      まず、バイクを他人に売る場合に何をする必要があるのかを調べてみました。

       

       

      いろいろ調べてわかったこと

      400ccクラスのバイクだと、車検があるので登録する陸運局へ車両を持ち込む必要があります。

       

      廃車にしてから譲渡して登録し直すパターンよりも、

      名義変更、という形のほうが多いようです。

      これはナンバーを返納する前に譲渡することで自走可能な状態となり、

      陸運局に行く際などに色々便利だからだと思われます。

       

      なので大抵は名義変更前に、オークション出品者から新所有者側へ名義変更前に譲渡し、

      あとから名義変更してもらうことが多いようです。

       

      これは車検のあるバイクが陸運局へ車体を持ち込む必要があり、

      ナンバーを旧所有者が返納してしまっていると、

      新所有者がトラックなどの車両を用意して陸運局に持ち込むか、

      仮ナンバーを発行してもらってそれを取り付けて自走するか、という事になるからのようです。

       

      でも新所有者が名義変更してくれないと、税金や違反の時にいろいろ面倒なことになるようです・・・

       

       

      なので預り金などをもらうことが一般的のようです、が!

       

      250ccクラスまでのバイクは登録の際に陸運局へ車体を持ち込む必要がないそうですので、

      無理に名義変更ということにせず、

      一度廃車にしてから登録に必要な書類を相手側にバイクと譲渡する、

      という方法が一番トラブルが少なそうです。

       

       

      なので今回は250ccのバイクを一度廃車にしてから譲渡する方法を書き留めようと思います。

       

       

       

      250ccのバイクが売れてからの流れ

      今回オークションに出品したバイクが売れた!とします。

       

      まず私、売主側がすることは、

      配送方法を落札者と相談し、陸送なのか、引取なのか、

      そのへんを落札者と相談し、陸送ならそれにかかる費用、それをどちらが負担するか決め、

      バイクの代金をもらってから色々手続きを始めたほうが良いと思います。

       

      バイクの代金を受け取ったら、

       

      ナンバープレートを外し、

      軽自動車届出済証(250クラスの車検証のようなものです)と一緒に持って陸運局へ行きます。

       

       

      軽自動車届出済証返納届を入手し記入する。

       

      これはバイクを一時的に廃車にするのに必要なものです、

       

       

      返納者の欄は、バイクの廃車手続きを行うバイクの使用者(つまり今回は私)の氏名・住所を記入します。

       

      所有者の氏名・住所は、バイクの所有者と使用者が同じなら、使用者に同じ・使用者の住所に同じ。

      のように記入します。

      廃車手続きを行う日付を記入し。

      氏名・電話番号を記入します。

      書類の左側はバイクの軽自動車届出済証の内容を見ながら記入します。

      返納事由の所は、今回のような場合は、「一時使用中止」に○を付けます。

      完全に廃車にする場合には、「滅失・解体」

      の方へ丸をつけるようです。

       

       

      軽自動車届出済証返納証明書交付請求書を入手し記入する。

       

      これは、一度廃車にしたバイクを再度登録する際に必要になり書類です。

      廃車にするだけなら必要ありませんが、

      今回は新所有者が再度登録する際に必要になる書類ですので、必ず作成しましょう。

       

      廃車手続きを行う日付を記入

      バイクの廃車手続きを行う陸運局名を記入

      バイクの廃車手続きを行う人の氏名を記入

      バイクの廃車手続きを行う人の住所を記入

      車名・車台番号は軽自動車届出済証の参照し記入

       

       

      自賠責保険の書類、

      現在加入している自賠責保険の書類を持っていきます。

      今回私は残りの期間、約1年残っていますが相手に譲渡するつもりですので、

      その際はこの書類も相手に一緒に送ります。

       

       

      印鑑

      書類に押すことになりますので持参しましょう。

       

       

      軽自動車届出済証は紛失していても再発行できるようです。

       

       

      これで廃車手続きができるようです。

       

       

      軽自動車届出済証返納済確認書

      軽自動車届出済証返納証明書

      自賠責保険の書類(私は今回譲渡するので)

       

      この3つを新所有者さんに送れば良いようです。

       

       

      その書類を元に、新所有者が陸運局でナンバーを取得すれば、

      そのナンバーを持参し、落札されたバイクに取り付けて自走して帰ることも出来ます。

       

       

      あとはバイク配送業者に引き取りを依頼したり、

      引き取りの場合は相手との日程を調整したり・・・

      ということですね。

       

      250ccの場合には相手が名義変更をしてくれないリスクを負ってまで行う必要性は低く感じますので、

      廃車してから譲渡する方法が良いと思います。

       

       

      それでは実際に出品して落札されましたらまた続きを書きたいと思います。