七川ダム詳細とダムカード、周辺観光情報など。

0

    JUGEMテーマ:旅行

     

     

    七川ダム(しちかわダム)

     

     

    和歌山県のダムカードではおそらく一番難易度が高いであろう七川ダム、

    本州最南端の串本にある、本州最南端のダムです。

    難易度が高いと言ってもとにかく遠いということだけですが・・・。

    土日祝日も配布してくれているんで頑張って走りさえすれば手に入ります。

     

    七川ダム湖畔の道路沿いに続く桜並木(佐田の桜)は日本さくら名所100選に選定されている。

     

    その他の和歌山県のダムカードのもらい方は下記リンク参照。

     

    和歌山県のダムカード完全攻略、各ダムカードのもらい方や配布日時、場所など

     

     

     

    七川ダムのダムカード

     

     

     

    こちらが七川ダムのダムカードです。

     

    所在地       和歌山県東牟婁郡古座川町佐田

    河川名       古座川水系古座川

    型式        重力式コンクリートダム

    ゲート       クレストローラーゲート2門

              コンジットゲート1門

    堤高・堤頂長    58.5m・154.0m

    総貯水容量     3080万立方メートル

    本体着工・完成年  1953年・1956年

     

    古座川流域は年間降水量3500mmという最多雨地域であり、

    過去から毎年のように受けてきた水害対策として七川総合開発事業として建設された。

    ダム湖畔は桜の名所として知られ、ソメイヨシノが約3000本あり、

    4月上旬には桜まつりが行われる。

    ダムファンの投票により決定する日本ダムアワード2015で洪水調節賞を受賞した。

     

    洪水調節と発電を目的とした県下初の多目的ダムである。

    ダムが満水となるような大雨が予想されるときには、

    あらかじめ利水部分の水位を低下させる事前放流を実地している。

     

    配布場所

    七川ダム管理事務所

     

    住所

    〒649-4442 和歌山県東牟婁郡古座川町佐田1016

     

    七川ダム、ダムカード配布日時

    9:00~17:45(土、日、祝祭日を含む)

     

    この七川ダムで注意してもらいたいのが、

    ヤフーカーナビを使って七川ダム管理事務所をナビしていたのですが、

    案内のとおりに進んでいくと、

    途中で国道から川の反対側に橋を渡るよう案内され、道が細くなって、

    なんだか変だな・・・と感じているうちに

     

     

    どんどん道が険しくなり、

    最終的にはこの写真よりもっと狭くなって、落ち葉の量もすごくなり、

    小さな集落に到着して行き止まりでした・・・

    スマホでグーグルマップを見ようとしましたが圏外・・・。

    集落の中にUターンできる場所があったのが救いでした。

     

    どうにか携帯の電波が届く場所まで戻ってくると、

    やはり違う道を案内していた様子。

    しかし何度やってもヤフーカーナビは同じ方へ誘導する・・・

    久々に自力で地図を見てルートを探しました^^;

     

    カーナビに頼り切りになっていた自分には思わぬ大打撃でした。

     

     

    国道371号線を進み、この看板が見えたら左折するようにしてください。

    桜まつりへ行く場合は右の国道をそのまま進みます。

     

    こちらが管理事務所です。

    駐車場は割と台数が停められる場所がありました。

     

     

     

    七川ダム、周辺観光情報

     

    古座川の一枚岩

     

     

    高さ100メートル、幅500メートルにも及ぶ巨岩は、

    古座川の水面にその雄姿を映し出し、季節や天候ごとに様々な表情を見せてくれます。

     

     

    昔、太地の岩が大好物の魔物が居り、岩の多い古座川流域の下流から岩を食い荒らしていったが、

    一枚岩に喰らいついたとき、蔵土の飼い犬に追われ、犬が嫌いだった魔物は逃げ去ったという伝説が伝わる。

    一枚岩のほぼ中央に縦に通る凹みは、このときの魔物の歯型であると伝わり、

    雨が降り続いた時に上の池から水が溢れでて流れ出ると出現する「陰陽の滝」は、

    魔物の悔し涙が流れ落ちたものであると伝えられる。

     

     

    また川沿いには一枚岩キャンプ場があり、道の駅で受付すると利用できます。

    テントを張るのは瓦サイトですがコンクリートで舗装されたエリアになり、

    ペグが打てませんので、土嚢袋に石を詰めるなどしてテントを建てなければなりません。

    我が家のピルツ15とかはきつそう・・・

     

     

    また、道の駅一枚岩には「一枚岩鹿鳴館」という施設があり、

    食事やコーヒーなどが楽しめます。

     

     

     

    木造のドーム型の建物の中は、木の雰囲気で温かみがあり、

    道路側は物販コーナー、川側はレストランエリアになっています。

     

     

    雄大な一枚岩と、古座川の流れを眺めながら、食事することが出来ます。

     

     

     

    メニューになります。

    ジビエバーガーというものが有名なようでしたが、

    私達が到着したのはお昼前でしたが、すでに売り切れていたようでした。

    ゴールデンウィークだったので、前日に在庫がなくなったのでしょうか。

     

     

    私達が頂いた、これは和風ラーメン。

     

     

    きつねうどん。

     

     

     

    とんかつ定食です。

     

    どれも美味しかったので、七川ダムへ訪れた際には、ぜひお立ち寄りください。

     

     

     

    物販コーナーです、

    各種おみやげや地元の工芸品、オリジナルTシャツなどが売られたいました。

     

     

    薪も売っていました、

    この量で250円は安いと思います、

    どこかでキャンプするときにはここで仕入れてもいいかもしれません。

    あ、いつでもあるかどうかは判りませんのでご注意ください。

     

     

     

     

     

    虫喰岩

     

     

    西面が文字どおり虫喰い状になったこの大岩は、全高約60メートルで、

    風化を受けやすい部分が侵食された穴が無数にあいている。

    これらの穴は直径約10センチメートルで深さ4 - 5センチメートルぐらいものが多いが、

    1メートル以上のものも見られる

     

     

     

    虫喰い状の風化の成因としては、

    岩の表面から蒸発する水に含まれた石膏など塩類の微結晶が成長して岩面が破壊されるためとされるが、

    火山ガスが抜けた跡といわれるなど諸説ある。

    要するにこうなった理由はよくわからない、ということですね^^;

     

     

     

     

    また、2014年に、「道の駅虫喰岩」が目の前にオープンし、

    今まで駐車スペースがほぼなかった状態から観光しやすい状況になりました。

    写真のようにシンプルな道の駅ですが、

    まだ真新しいのでトイレもキレイでした。

     

     

    建物左側は物販スペースです。

    地元の野菜や工芸品、お菓子などを販売していました。

     

    (利用可能時間)10:00〜16:00
    【情報コーナー、物産コーナー】
    土曜、日曜、祝祭日のみ営業しています。
    休館日/平日、お盆、年末年始
    (情報コーナー、物産コーナー共に休み)
    ※トイレ・駐車場・スタンプラリー(屋外)は24時間利用できます。

     

     

     

     

     

     

     


    切目川ダム詳細とダムカード、周辺観光情報

    0

      JUGEMテーマ:旅行

       

      以前の投稿で、和歌山県のダムカードを紹介しましたが、

      紀の川大堰、二川ダム、椿山ダム、広川ダム、切目川ダム、七川ダムの中から、

      今回は二川ダムについて、詳細に紹介していこうと思います。

       

      その他の和歌山県のダムカードのもらい方は下記リンク参照。

       

      和歌山県のダムカード完全攻略、各ダムカードのもらい方や配布日時、場所など

       

      切目川ダム

       

       

       

      切目川ダムは、和歌山県日高郡印南町の切目川にあるゲートレスのダムである。

       

      増水時の放流など洪水調節はダムの仕組みでぞ自動的に行われる構造です。

      オリフィスから水位に合わせて、下流に安全な量を自動で流せる仕組になっています。

       

       

      切目川ダムのダムカード

       

       

       

       

      こちらが切目川ダムのダムカードです。

       

      所在地      和歌山県日高郡印南町高串

      河川名      切目川水系切目川

      型式       重力式コンクリートダム

      ゲート      ゲートレス(自然越流式)

      堤高・堤頂長   44.5m・127m

      総貯水容量    396万立方メートル

      本体着工・完成年 2013年・2015年

       

      切目川流域は過去から度々水害を受けてきたと同時に

      農業用水不足などの渇水被害を受けており、

      住民生活に大きな支障を及ぼしてきたことから切目川ダムが建設された。

       

      切目川ダムの取水設備は、

      全国でも珍しい「連続サイフォン」型式を採用している。

      この「連続サイフォン」型式では、

      通常見られるダム天端上の操作室が不要であり、

      天端形状が直線的で統一的なものとなっている。

       

       

       

      配布場所

      日高振興局建設部河港課

       

      切目川ダムの所在地

      〒644-0211 和歌山県日高郡印南町高串

       

      切目川ダム、ダムカードの配布場所、日高振興局建設部河港課の住所(日高総合庁舎内)

      〒644-0011 和歌山県御坊市湯川町財部651

       

      配布日時

      9:00~17:45(土・日・祝日除く)

       

      切目川ダムのダムカードで注意したいのが、

      まず、切目川ダムと配布場所がぜんぜん違う場所にあるということ。

       

      ダムカードをもらうためには、まず切目川ダムに行って、ダムを見学した証拠写真を撮影し、

      御坊市にある日高総合庁舎内の建設部河口課に行かなければなりません。

       

      それも土日祝を除く、つまり平日限定配布です。

      この切目川ダムだけ難易度が急に上がります。

       

      しかし郵送にも対応してくれるという話も聞いたことがありますし、

      切目川ダムの写真をどうやって見せればいいかわかりませんが、

      訪れるのが日程的に厳しい方は問い合わせてみてもいいかもしれません。

       

       

       

      国道沿いに駐車場と公衆トイレがあります。

      掃除が行き届いていて綺麗なトイレでした。

       

      ちょっと急ですが、この道を降りていけばダムのすぐ近くまで車で行くことが出来ます。

      せっかくここまで来たのですから、降りてみて見学してみてください。

       

      ダムカードをもらうためにはダムの写真を撮影することをお忘れなく。

       

       

      御坊市にある日高総合庁舎です。

      ここの一階、日高振興局建設部管理保全課にて、

      デジカメやスマホで撮影した写真を画面で見せると、ダムカードをいただけます。

       

      土日祝日は配布しておりませんのでご注意ください。

       

       

       

      周辺観光情報

       

      煙樹ヶ浜

       

      煙樹ヶ浜は、日高川河口から日ノ岬へ向かって弓なりに伸びる浜で、

      全長約4.6km、幅は最大約500mもの松林が続いています。

      これは初代紀州藩主徳川頼宣が塩害を防ぐために植えさせたもので、

      伐採が禁じられたため現在も当時の美しい姿をとどめていて、町の自慢となっています。

      煙樹ヶ浜は砂浜ではなく、波に洗われて丸くなったゴロタ石の海岸で、

      砂浜とは違うガラガラ、ゴロゴロという波の音が楽しめます。

      またこの浜は波打ち際からすぐのところで急に深くなっていて危険です。

      遊泳禁止になっています。

      また波の高い日には、水煙が上がるほど波しぶきが上がり、煙樹ヶ浜の名前の由来と言われています。

       

       

      潮通しもよく、大きな魚も釣れるので、休日にはたくさんの釣り人で賑わいます。

       

       

       

       

       

      紀州鉄道

       

      紀州鉄道は、営業距離2.7キロメートルの日本一短いローカル私鉄です。

      JR御坊駅から西御坊駅までの短い区間を、

      時速20kmほどでのんびりゆらゆら走ります。

       

       

      そんなローカル線を一目見ようと、

      全国から鉄道ファンが御坊を訪れます。

      また、途中の「学門駅」のお守り切符は、

      受験生の心強い縁起物として大人気です。