スーパーカブにLEDサブライト(補助灯)のススメ

0

    JUGEMテーマ:スーパーカブ

     

    スーパーカブに乗っていて、不満に思うこと。

    それはヘッドライト。
    それはもう暗いです、懐中電灯のようです。

    最近の自動車のヘッドライトはすごく明るいので、

    それに慣れてしまった目には、どうにも頼りにならないのです^^;

    街中などを走っている時には、街灯などが明るいので問題ないのですが、
    通勤時の帰宅時などの裏道や、ツーリングの時の夜間走行の時など、
    やはり薄暗くて頼りないなーと思うわけです。

     



    そこでHID化なども考えましたが、
    バイク用のキットにはバーナーに遮光板が付いていませんですし、
    周辺にも光がたくさん漏れて対向車への迷惑になってしまいます。

    それにスーパーカブシリーズでは発電量に不安もありますし、

    取り付けにけっこうなスペースが必要だったりとあまり現実的ではありません。

    半分諦めていたわけですが、
    とあるセロー乗りの人のブログに、後付のLEDライトの記事が載っていました。

    最近はLEDも進化して、実用レベルになってきたようなので、
    私も思い切って購入してみました!

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

    今回は私が以前所有していたスーパーカブ110(JA07)を例に紹介していきます。

     

    このカブはプラスチックパーツが多いので、

    フロントカバーも何度も付け外ししているうちに、少し爪がかけたりしてきました。

    消耗品なので予備を用意しておいたほうが良いですね。

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    フロントキャリアがあると取り付けが楽です、

    私の場合、フロントキャリアの付け根部分に、L字型ステーを噛ませて一緒にボルトで固定しました。

    反対側にもステーと同じ厚みのワッシャーを噛ませてバランスを取ります。

    反対側にワッシャーを入れないと、フロントキャリアが進行方向に対してねじれてしまいます。

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    日中や街中では不必要なので、スイッチ式にすることにしました。
    電源はAC連動にして切り忘れもありません。

    信号待ちなどでオフにすることで、アイドリングの時の発電量の不安も解消できます。

    購入したスイッチは直径2センチなので、1円玉で型を取りました。
    1円玉は直径2センチなのですよ(笑)

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    円の少し内側を、ドリルを使って連続的に穴を開けておきます。

    専用の工具などがなくても、こういう手法で加工することで対応できます。

     

     

     

    大体のところで、残りはニッパーなどを使って大胆に切っていきます、

    そして引きちぎります!(笑)

     

     

     

    最後に丸棒型のヤスリで微調整、

    スイッチを実際にはめてみながら少しずつ削っていきましょう、

    削りすぎると悲惨なことになりますよ・・・

    ちょっとずつ落ち着いていきましょう。

     

    あ、スイッチの穴の位置ですが、

    スイッチの後ろ側に飛び出る部分のことをよく考えて位置決めしてください、

    私は少し危なかったです、もう少しずれていたらフレームが邪魔で取り付けできないところでした。

     

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

    そしてスイッチを取り付ける前に、配線を終わらせてしまいます。

    電源は以前のシガーソケットの電源と同じ、
    バッテリーのところのカプラから分岐しました。
    キーオンで電気が来ます。

    何かの純正オプションを取り付けるためのカプラーとかいう話を聞いたことがあります。

    通電チェックはテスターを使って必ずしてくださいね!

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    ハンドルを動かしながら、配線に無理がかからない場所を探して配線を通していきます。

     

    右に左にハンドルを切って、配線が引っ張られすぎないよう、たるみすぎないよう、

    よく注意して、最後に結束バンドで他のケーブル類に固定しておきます。

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    最後にフォグ本体を取り付けて完成です!

    コレは安いタイプのワークライトタイプの狭角タイプです。

    フォグタイプはダメですよ?光が散りすぎて運転手側から見て明るくない上に、

    対向車側から見て物凄く眩しい配光になってしまいますので・・・

     

     

     

    小型なのでできるだけ目立たないようにこの位置に取り付けました。

    ちょうど自転車のライトの位置によく似ています。

     

    見た目を気にしないならフロントキャリアの先端、センター部分に取り付けるのが良いでしょう。

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    スイッチはこのような感じになりました。
    船舶なんかにも使用される防水スイッチです。

     

    スイッチオンで怪しく光ります・・・

    コレが結構目立つ、なにか貼り付けて目立たないようにしようか・・・

     

     

    これは私の今のカブ、スーパーカブ90に取り付けたサブライトのスイッチですが、

    デイトナのフラットフェイスタイプのスイッチです。

    両面テープで固定しましたが、この位置にある方が信号待ちなどでのこまめなオンオフがやりやすく、

    無駄に光りませんしコチラのほうがおすすめです。

     

    特にカスタムではないカブにはセルスタートスイッチがありませんし、

    この位置に貼り付けできてとっても良いです。

     

     

    それでは早速テストです!
    3枚の写真ともマニュアル設定で同じ条件での撮影となります。
    まずは普通のヘッドライトのみ。
    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)
    まぁコレでも普通には走行できるんですけどね、
    メインに集光している部分はまぁまぁ明るいのですが・・・


    それではLED補助灯を付けてみましょう。

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    ・・・・・・・あかるっ!(*´∀`*)

    コレは眩しくないように光軸の角度を調整したあとになりますが、
    メインのヘッドライトの暗い部分を上手く補えていると思います。

    右手奥のマンホールの見え具合でよくわかると思います。
    手前ばかり明るくなっているようにも見えますが、
    上手く遠くも照らしてくれています。

    試しに走行してみましたが、
    街灯も少ない道だと効果は歴然でした!
    純正のヘッドライトと上手く助けあって、
    まるでHIDに交換したような錯覚に陥りました^^

    コレは今までのDIYで一番の満足度かも!

    カブ以外にも原付から原付二種、
    250cc以上のバイクまで、
    2個付けたらオフロードタイプとかも似合いそうですね〜!

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    ちなみにコレはLEDライトのみ。

    左右の幅がメインライトとしては足りませんが、
    もしツーリング先などでバルブ切れやライト故障になっても、
    この明るさで十分走れますね・・・恐るべし。

    あ、
    荷物積み過ぎてメインライトの光が届かない時にも有効ですね!

     

     

    対向車の運転席あたりの位置に行って撮影してみました。

     

    狭角タイプなので、物凄く眩しいわけではないですが、

    それでも作業灯タイプなので、発光点が見えてしまいどうしても眩しく感じてしまします。

    これはライトをどんなに下を向けても発光点が見えてしまっているので眩しさは変わりません。

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

     

    なので後日、こういうふうなバイザーを取り付けました。

    材料はダイソーのA4ファイルの表紙の部分です、

    ある程度の強度が有って、加工しやすく、しかも安い材料ですのでおすすめです!

    固定は両面テープと結束バンドで行っています。

    最初に厚紙でテストしてから切り出しましょう、

    最初からいきなり作ると多分失敗しますよ!

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

    これで上方への光がカットされてグレア(迷惑光)がなくなりました、

    面倒ですが、対向車への配慮は行ったほうが良いです、

    最近は物騒ですから、対向車とのトラブルがないともいい切れませんし・・・

     

     

    スーパーカブ110にLEDサブライト(補助灯)

    この写真はLEDライトを点灯させていますが、

    前から見ても発光点が見えませんので全く眩しくありません。

    前方への照射力は多少落ちてしまいますが、コレは仕方がありません。

     

    配光を重視するなら、こういう商品もあります。

     

     

    PIAA LED補助ランプ LP530 DRIVING DS535B

     

    これは今の私の愛車、スーパーカブ90に取り付けた、

    PIAA LED補助ランプ LP530 DRIVING DS535B

    というLED補助ライトです。

     

    これはヤマハやホンダのオフロードバイクなどに、

    純正オプションとして設定されている商品ですので、配光に関してはバッチリです!

    単体で買うのでオプションよりはかなり安いです。

     

     

    このライトを取り付ければ今回紹介したワークライトと違いグレアもないですし、

    何より明るさも段違いに明るく配光もバイク用なので見やすい!

    と、値段以外はいいことばかりですが、

    こちらのレビューはまた次回に・・・。

     

     

     

     

     


    スーパーカブのクラッチオーバーホールをやってみた!

    0

      JUGEMテーマ:スーパーカブ

       

      中古で譲っていただいた私のスーパーカブ90、

      ある程度走行してエンジンが熱を持ってくると、

      停止時にクラッチが微妙に繋がり初めて、前に進もうとするんです。

      正常に動作する遠心クラッチなら、停止時はクラッチが切れて進もうとはしないのですが・・・。

       

      ブレーキをかけていれば前には行かないのですが、

      エンジンがストールしかける時があるんです。

      そして少し駆動力がかかるので、ギアが噛み込んでニュートラルに入らなくなるんですよね、

      一瞬アクセルを吹かせばその間にニュートラルに入るので、

      そうやっていました。

       

      何回クラッチ調整をしても改善されないので、

      これはもうクラッチのオーバーホールが必要なのだと判断しました。

      我が家に来る前は全くオイル管理されていなかったカブなので、

      クラッチにもなにか不具合があるのでしょう。

       

       

       

       

       

      おじいちゃんで3速に入れたまま乗っている人を見かけることもありますし、

      クラッチが焼けて変形しているのかもしれません。

       

      毎回必ずではないので、整備は後回しにしていたのですが、

      先日カムチェーンを交換して異音もなくなったので、

      最後のこのポイントが改めて気になってきました・・・。

      なので台風が接近中で出かけられないし、

      オイルも交換時期に来ているので、

      ちゃちゃっと直してしまうことにしました!

       

      オイル抜き作業

       

       

       

      今回、クラッチのオーバーホールをするには、エンジンのサイドカバーを開けるので、

      オイルを抜いておく必要があります。

      amazonの箱の中に入っていたクッション代わりの紙、

      オイルが垂れても大丈夫なように下に敷きます。

       

       

      まずはオイルを抜いてしまいます。

       

      うちの自治体は吸収体に吸わせたオイルは燃えるゴミとして出すことが出来ます。

      なのでウチで出た米ぬかに吸わせて処分しています。

       

       

      外装等の取り外し

       

       

       

      今回は、レッグシールドの他に、

      マフラー、ステップも外す必要があります。

      マフラーのガスケットは出来るだけ再使用せずに新しいものを用意するようにしましょう。

       

       

       

      今日はクラッチプレートの交換をしたいので、

      エンジンのコチラ側のカバーを開ける必要があります。

      オイルを抜いていないとカバーを開けるとオイルがダバー!となります(笑)

       

       

      カバーを外しました。

      クラッチのお出ましです!

      抜けきらなかったオイルが結構タレ出てきますので注意してください。

       

      ここの4本のビスはショックドライバーを使ったほうが良いと思いますが、

      クランクにつながっていますので叩きすぎないように注意しましょう。

       

      パーツの取り外し

       

       

       

      パーツを一つ一つ外していきます、

      この時に順番がわからなくならないように、

      一つ一つ写真を撮影しておくのが有効です。

       

       

      あれ?

      ロックワッシャーのツメが折られていない・・・う〜ん、

      ロックワッシャーとは、緩み防止のために一箇所の爪を折り曲げて、

      中心のナットに噛み込ませる緩み防止のための部品なのですが、

      このカブはその工程が省かれていました、

       

      一度どこかで直された経緯がるのでしょうかね・・・

       

      中古車両はよくわかんないですね^^;

      遠心式オイルフィルターも茶色いカスがびっしり、

      お掃除します。

       

       

      各部お掃除

       

       

      コチラがロックワッシャー、

      ツメが一本傷んでいるので、前回の修理時に再使用したままなのでしょう。

       

       

       

       

      ロックナットを外してクラッチが外れました。

      どんどんバラしていきます!

       

      ロックナットを外すにはクラッチロックナットレンチという専用工具が必要です。

       

       

      と、その前にこの部分にスーパーカブのエンジンオイルフィルターがあるので、

      この機会にお掃除します。

      逆に言うとオイルフィルターを掃除したければ、このカバーを開ける必要があります。

       

       

      コチラがオイルフィルターです、

      まぁフィルターと言ってもただのメッシュ状の金網みたいなものがあるだけですが・・・

      きちゃない!

      結構汚れが・・・なんだか繊維質なゴミが多かったですね、クラッチシューでしょうか。

      パーツクリーナーで吹き飛ばしました。

       

       

      可能な限り他の部分も掃除しておきました。

      こんな機会なかなか無いですからね〜

       

       

       

      クラッチ、なんだかとっても焼けていますね・・・^^;

      これだけ焼けていれば変形してクラッチが切れない状態になっていても不思議じゃないです。

      オイル切れで走っていたであろう車両なので、仕方がないですね^^;

       

      どんどん分解して、こんな状態になりました!

      遠心クラッチってよく考えられていますね〜

      分解したのにいまいち仕組みがわからない(笑)

      遠心力で4箇所7枚ずつあるウエイトが起き上がって、

      クラッチプレートを押し付けて駆動力がつながるようです。

       

       

       

      クラッチシューを外しました。

      シューは見た目では減っているのかどうかわからない状態ですが、

      今回はクラッチのオーバーホールに必要な部品を揃えてありますので、

      全部新しいものに交換します。

       

      各パーツの交換

       

      純正部品がどっさり!

      こういうときのためにパーツリストは持っておいたほうが良いですよ。

      ヤフオクで結構安く出品されていますよ!

       

       

      外したときと全く逆の手旬で組み付けていきます。

       

      最初に付いていたプレートと全然色が違います・・・

      なんでも新品になるのは気持ちが良いものですね^^

       

       

      このボールが3つついたパーツがポロポロ落ちてこのままだと組みにくいので、

      少し粘度の高いグリスを付けて密着させ、

      妻にカブにまたがってもらい出来るだけ傾けてその間にカバーを取り付けました。

      乗っかっているだけなので何もしないとすぐにぽろりと取れてしまうのですよ。

       

       

       

      古いガスケットを剥がして新しいものと交換し、サイドカバーを取り付け、

      クラッチの調整をします。

       

      手順は、
      ロックナットを緩め、マイナスドライバーでネジを右に一回転。
      その後左の少し固くなるところまで回し、そこから45度右に戻す。
      その位置を保持したままロックナットを閉める。

       

      というものです、

      個体差もありますので調整後は様子を確認しましょう。

       

      オイルはいつものウルトラG2 10w-40

      安心のホンダ純正です^^

       

       

       

       

      今回交換したパーツたちです。

      クラッチのオーバーホールは成功したようで、この日以来今までの症状は出なくなりました。

      やっぱり自分で直すとなんだか愛着が増してきますね・・・

      やはりカブは面白い!

       

      これでやっと不調な箇所がなくなりました。

      中古車両というのはハズレを引くと色々大変ですねぇ・・・

      部品が安いのはさすが偉大なる世界のスーパーカブと言うところでしょうか^^