スーパーカブの異音と白煙対策、オイル上がり。ピストン、ピストンリング交換。

0

    JUGEMテーマ:スーパーカブ

     

    この投稿は

     

    1・ノーメンテのスーパーカブ90を手に入れたので基本メンテフルコース!

     

    2純正部品が手届いた!スーパーカブ90ガンガンメンテナンスしていきます!

     

    の、続きになります。まだご覧になっていない方は、合わせてご覧いただけると

    一層お楽しみいただけると思います。

     

     

    アイドリング時の異音について

     

    前回まで色々なところをメンテナンスしましたが、

    実は私のスーパーカブ90
    10kmほどの距離を走ってエンジンがアツアツになってくると、
    アイドリングの時だけ、
    排気音のトトトトトトトトトトっという音の混ざって、
    ・・・・ココッ・・・コッ・・コココッ
    と不規則な音が聞こえてくるんですよね、

    それがあまり気持ちの良い無視していて良い感じの音ではないんですよね・・・。

    そこで某掲示板で相談してみたところ、
    前オーナーがオイル管理してなかったのなら、

    オイル不具合によるシリンダー、ピストン摩耗からくる、
    ピストンの首振り、ピストンスラップ音ではないか?
    とアドバイスを貰い、

    ピストンスラップ音のことを調べていくと、

    どうもコレがアタリの気がする・・・と

     

    ピストンスラップ音とは、

    ピストンがシリンダーの内壁を打つ現象のこと。

    コンロッドが揺動するために、シリンダーに対してピストンに横方向の力が発生し、スラップの原因となる。

    圧縮行程に対し、膨張行程ではコンロッドの傾きが逆方向となるため、

    最初は回転方向に押されていたピストンが強い燃焼ガス力を受け、

    反対方向に大きな力で押される。

    このとき、ピストン打音が発生するが、これをスラップ音という。

     

    とのことですが、なんだか小難しいですね・・・

    要するにピストンがガタガタ首を振っちゃって、シリンダーにガタガタ当たる音!

    って言うことかな?(汗)

     

     

    ピストンリングの交換・オーバーホール

     

    どうせ白煙を少し吹いているので、ピストンリング交換はしたい。

    ということで、思い切って腰上の軽いオーバーホールをすることに。

     

    スーパーカブ レッグシールド

     

    レッグシールドを外すのはもう手慣れたもの、

    こうしょっちゅうメンテしていると、ベトナムキャリアがじゃまに感じるようになってくる・・・

    ピカピカのスーパーカブ110の時はレッグシールドの傷防止が主な役目でしたが、

    このカブ90のレッグシールドはもうキズまみれなので無くてもいいか・・・外そうかな。

     

     

     

     

     

     

     

    スーパーカブ エンジン

     

    今回は、

    ピストン、ピストンリング、ピストンピン

    を、交換したいと思います。

    これで異音が収まらなくとも、白煙は直るでしょう!という狙いです。

     

     

    スーパーカブ カムスプロケット

     

    カムチェーンスプロケットを外して、

    転がってエンジン内部に入っちゃわないように針金などを通して保険をかけておきます!

    入っちゃうと超面倒ですのでお気をつけください。

     

     

    スーパーカブ ヘッド

     

    ヘッドを外しました。

    なかなかのカーボンです、蓄積されていますね〜あとで磨きましょう。

    こういう所はなかなか掃除する機会がないですからね。

     

    スーパーカブ90 ピストン

    ピストンを外してみましたが、多少の線傷は入っているものの、

    想像していたより少ないものでした、

    スラップ音が鳴っていたのだとしたら、

    もっと傷が入っているでしょうから今回は空振りなのかな・・・・?

     

     

    スーパーカブ90 ピストン カーボン

     

    カーボンはたっぷりついていましたが、これもびっくりするほどって言うわけではないですね。

    流石にボアアップ含めて3台目の腰上分解は勝手もわかってきて少し早くなって、
    ここまで30分位でできました^^
    まぁ古いガスケット剥がしが一番時間かかるんですけど・・・

     

     

     

     

    スーパーカブ90 ヘッド

     

    軽く磨きました、バルブのすり合わせとかはやっていません、軽くなので(笑)

     

     

    スーパーカブガスケット

     

    この作業をした当時、

    メーカーにピストンの在庫がなかったようなので、

    ナナカンパニーさんの通販サイトの在庫があるのを発見して、

    ガスケット一式と一緒に注文させていただきました。

     

    先日の和歌山城カブオーナーズミーティングではステッカーもいただきました!

    ありがとうございます^^

     

     

    交換後のテスト走行とその結果

     

     

    スーパーカブ90新品ピストン

     

    新品ピストンとピストンリング、あとピストンピン!

     

    やはり新品はキレイですね〜、オイルを塗って慎重に組み込みます。

     

    スーパーカブ90

     

    そーっとキックして引っかかりがないようなので、

    エンジンを始動、問題なく始動しました。

    5分ほどアイドリングして様子を見ます。

     

     

     

    オイル漏れもないようなので、
    試走してきました!

    作業の試走の結果

    ・・・・が!
    異音は直っていませんでした\(^o^)/
    どうやらピストンスラップ音ではなかったようですね、

    でもピストンとか交換したので白煙は収まりました^^


    ん〜なんだろう・・・
    クランクベアリングとかだと面倒だなぁ・・・・
    とか考えながら、
    ネットでのいろんな音を聞いていると、
    エイプのカムチェーンのタイミングがずれている音と酷似していました。

    カムチェーン、今日見たけどちゃんとテンションもかかっていて問題なさそうなんですが・・・

    作業するなら次はカムチェーンの交換ですね。

     

    コンロッドのベアリングだと、
    熱くなった時だけ、不規則にっていうのが当てはまらない気がするんですよね・・・

    そういえばこの車両、プッシュロッドのゴムが異常に減っていたなぁ・・・
    腰下は割りたくないなぁ・・・^^;

    ・・・実はクラッチにも少し不具合あるんですよね、
    クラッチOH用の部品も一緒に頼もう。

    まあこういう試行錯誤も楽しかったりするのですが・・・^^;

     

    まだまだ作業は続きます!^^;

     

     

     


    スーパーカブ純正部品が届いた!ガンガンメンテナンスしていきます!

    0

      JUGEMテーマ:スーパーカブ

      この記事は、私の以前のブログ、

      「虎風荘の犬小屋」で投稿した内容の加筆修正版となります。

       

       

      この投稿は

      ノーメンテのスーパーカブ90を手に入れたので基本メンテフルコース!

       

      の投稿の続きとなります。前回をまだご覧になっていない方は、

      合わせてお読みいただくとより一層わかりやすいと思います。

       

       

      さて、前回の投稿でスーパーカブの不調だった箇所、

      交換が必要な箇所の純正部品が手に入りましたので、

      今回はドンドン交換していきたいと思います。

       

      SuperCubスーパーカブ90純正部品

       

      届いた純正部品たち、

      ゴム、パッキン類がメインですが、これらを交換すればとりあえず普通に乗れるようになりそうです。

      それにしてもスーパーカブシリーズは純正部品が安くて助かります^^

       

       

      カムチェーンテンショナー先端ゴムの交換

       

      SuperCubスーパーカブ90カムチェーンテンショナーゴム

       

      まずはカムチェーンテンショナー先端のゴム、

      右側が交換前の部品で左が新品。

      一目瞭然ですね、アームを押し続けたので型がくっきり付いて凹んでいます。

      触った感じもカチカチでもうゴムの感じではなかったですね。

       

      コレを交換して、ついでにバネの方を手で引っ張ってテンションがよく掛かるようにしておきます。

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ドライブシャフトオイル漏れ

       

       

       

      オイル漏れの修理

       

      次はスプロケット奥のドライブシャフトのパッキンから漏れているオイル漏れの修理です。

      ここから漏れたオイルがサイドスタンドを伝って地面にシミを作るのです。

      コレもスーパーカブの結構メジャーなトラブル。

      カバー外してみると漏れたオイルとチェーンルブでギットギト!

      チェーン的には常に注油されて理想の環境なんですけどね(笑)

       

      SuperCubスーパーカブ90ドライブシャフトオイル漏れ

      スプロケットを外して、パッキンを確認してみました。

      目視では問題ないように見えますが・・・

       

      キリで突き刺して外してみると、もうカッチカチに硬化していました。

      10年以上経過するとゴム関係はだめですね・・・。

       

       

      これじゃあオイルも漏れるはずです。

      裏側を見るとなにかバネでリングのようなものがありました、

      コレが締め付け側にテンションを掛けてオイル漏れを防いでいたのかな?

       

       

       

       

      オイルパッキンを外したドライブシャフトがこちら。

      このまま適当に叩き込むと、もしかしたらシャフトに傷が入ってしまうかもしれないですので、

      そうするとパッキン交換してもオイルが漏れてきてしまいますので・・・・

       

       

       

       

      簡易的ですが、こういうふうにガムテープを巻いて養生しておきます。

      その上で新しいパッキンを挿入するのですが、結構硬いので、

      サイズの合うソケットレンチをあてがって、そーっとコンコン叩き込んで入れました。

       

       

      こちらが新品のパッキン、

      入れてしまった後では違いがほとんどわからないですね、

       

       

      フロントスプロケットの交換

       

       

       

      ついでにフロントスプロケットを1丁上げておきます。

       

      コレは以前リトルカブに付けていたものなんですが、

      75ccのリトルカブに純正比2丁上げは荷が重く外したものです。

       

      スーパーカブとリトルカブは共通部品が多いのです。

      共通部品が多いとこういう時に活きてきます。

       

       

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型スプロケット

       

       

      加速は多少鈍りますが、1速と2速の使い勝手が良くなって私は好きです。

      この辺りは個人の感性もあるので、実際に試して体験してもらうしか無いです。

       

       

       

      ベトベトだったカバーもキレイにしてから取り付けます。

       

       

      オイルキャップの交換

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型オイルゲージ

      オイルレベルゲージを兼ねたオイルキャップも交換します。

      新品と比べると色の違いがすごいですね。

      別に不具合はありませんでしたが、安いものですのでついでに取り寄せました。

      気分が良くなります(笑)

       

       

      その他、清掃箇所

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型キャブ

      少し始動性が悪いので、キャブレターの清掃もしておきます。

       

       

      SuperCubスーパーカブ90キャブクリーナー

      各種ジェット類を外して、

      キャブクリーナーに1時間ほどつけ置きました。

      初めて使いましたが変な匂いですね・・・^^;

       

      その後よく乾燥させてから組み込みました。

      キック一発始動安定アイドリングになりました^^

       

       

      SuperCubスーパーカブシート清掃メラミンスポンジ

       

      シートも汚いです・・・

      破れてはいないので掃除でキレイにしてみます。

      張り替えるとホンダの文字もなくなってしまいますし。

      スーパーカブ110の時にもやりましたが、メラミンスポンジが使えます!

       

       

      SuperCubスーパーカブシート掃除メラミンスポンジ

      少し濡らしたメラミンスポンジで優しくこすっていくと、

      ご覧の通りきれいになりました!

      必ず目立たないところで試してから使ってくださいね!

       

      ここまできれいになればもう良いでしょう。

       

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

      レッグシールドも目立つ汚れだけメラミンスポンジかけておきました。

       

      今回のメンテナンスは以上です!

      オイル漏れも止まりエンジンも一発始動するようになりましたが、

      このカブ、少し白煙吹いてますね・・・ピストンリングも交換でしょうか。

      異音で気になる箇所も一箇所出てきましたし、クラッチも少し変。

       

      普通に走れることは走れるのですが、完調までには結構手間がかかるなぁこのカブちゃん^^;