切目川ダム詳細とダムカード、周辺観光情報

0

    JUGEMテーマ:旅行

     

    以前の投稿で、和歌山県のダムカードを紹介しましたが、

    紀の川大堰、二川ダム、椿山ダム、広川ダム、切目川ダム、七川ダムの中から、

    今回は二川ダムについて、詳細に紹介していこうと思います。

     

    その他の和歌山県のダムカードのもらい方は下記リンク参照。

     

    和歌山県のダムカード完全攻略、各ダムカードのもらい方や配布日時、場所など

     

    切目川ダム

     

     

     

    切目川ダムは、和歌山県日高郡印南町の切目川にあるゲートレスのダムである。

     

    増水時の放流など洪水調節はダムの仕組みでぞ自動的に行われる構造です。

    オリフィスから水位に合わせて、下流に安全な量を自動で流せる仕組になっています。

     

     

    切目川ダムのダムカード

     

     

     

     

    こちらが切目川ダムのダムカードです。

     

    所在地      和歌山県日高郡印南町高串

    河川名      切目川水系切目川

    型式       重力式コンクリートダム

    ゲート      ゲートレス(自然越流式)

    堤高・堤頂長   44.5m・127m

    総貯水容量    396万立方メートル

    本体着工・完成年 2013年・2015年

     

    切目川流域は過去から度々水害を受けてきたと同時に

    農業用水不足などの渇水被害を受けており、

    住民生活に大きな支障を及ぼしてきたことから切目川ダムが建設された。

     

    切目川ダムの取水設備は、

    全国でも珍しい「連続サイフォン」型式を採用している。

    この「連続サイフォン」型式では、

    通常見られるダム天端上の操作室が不要であり、

    天端形状が直線的で統一的なものとなっている。

     

     

     

    配布場所

    日高振興局建設部河港課

     

    切目川ダムの所在地

    〒644-0211 和歌山県日高郡印南町高串

     

    切目川ダム、ダムカードの配布場所、日高振興局建設部河港課の住所(日高総合庁舎内)

    〒644-0011 和歌山県御坊市湯川町財部651

     

    配布日時

    9:00~17:45(土・日・祝日除く)

     

    切目川ダムのダムカードで注意したいのが、

    まず、切目川ダムと配布場所がぜんぜん違う場所にあるということ。

     

    ダムカードをもらうためには、まず切目川ダムに行って、ダムを見学した証拠写真を撮影し、

    御坊市にある日高総合庁舎内の建設部河口課に行かなければなりません。

     

    それも土日祝を除く、つまり平日限定配布です。

    この切目川ダムだけ難易度が急に上がります。

     

    しかし郵送にも対応してくれるという話も聞いたことがありますし、

    切目川ダムの写真をどうやって見せればいいかわかりませんが、

    訪れるのが日程的に厳しい方は問い合わせてみてもいいかもしれません。

     

     

     

    国道沿いに駐車場と公衆トイレがあります。

    掃除が行き届いていて綺麗なトイレでした。

     

    ちょっと急ですが、この道を降りていけばダムのすぐ近くまで車で行くことが出来ます。

    せっかくここまで来たのですから、降りてみて見学してみてください。

     

    ダムカードをもらうためにはダムの写真を撮影することをお忘れなく。

     

     

    御坊市にある日高総合庁舎です。

    ここの一階、日高振興局建設部管理保全課にて、

    デジカメやスマホで撮影した写真を画面で見せると、ダムカードをいただけます。

     

    土日祝日は配布しておりませんのでご注意ください。

     

     

     

    周辺観光情報

     

    煙樹ヶ浜

     

    煙樹ヶ浜は、日高川河口から日ノ岬へ向かって弓なりに伸びる浜で、

    全長約4.6km、幅は最大約500mもの松林が続いています。

    これは初代紀州藩主徳川頼宣が塩害を防ぐために植えさせたもので、

    伐採が禁じられたため現在も当時の美しい姿をとどめていて、町の自慢となっています。

    煙樹ヶ浜は砂浜ではなく、波に洗われて丸くなったゴロタ石の海岸で、

    砂浜とは違うガラガラ、ゴロゴロという波の音が楽しめます。

    またこの浜は波打ち際からすぐのところで急に深くなっていて危険です。

    遊泳禁止になっています。

    また波の高い日には、水煙が上がるほど波しぶきが上がり、煙樹ヶ浜の名前の由来と言われています。

     

     

    潮通しもよく、大きな魚も釣れるので、休日にはたくさんの釣り人で賑わいます。

     

     

     

     

     

    紀州鉄道

     

    紀州鉄道は、営業距離2.7キロメートルの日本一短いローカル私鉄です。

    JR御坊駅から西御坊駅までの短い区間を、

    時速20kmほどでのんびりゆらゆら走ります。

     

     

    そんなローカル線を一目見ようと、

    全国から鉄道ファンが御坊を訪れます。

    また、途中の「学門駅」のお守り切符は、

    受験生の心強い縁起物として大人気です。 

     

     

     

     


    広川ダム詳細とダムカード、周辺観光と温泉情報。

    0

      JUGEMテーマ:旅行

       

      以前の投稿で、和歌山県のダムカードを紹介しましたが、

      紀の川大堰、二川ダム、椿山ダム、広川ダム、切目川ダム、七川ダムの中から、

      今回は二川ダムについて、詳細に紹介していこうと思います。

       

      その他の和歌山県のダムカードのもらい方は下記リンク参照。

      和歌山県のダムカード完全攻略、各ダムカードのもらい方や配布日時、場所など

       

      広川ダム

       

      広川ダムは、和歌山県有田郡広川町大字下津木・2級河川・広川水系広川に建設されたダムです。

       

      3月下旬〜4月上旬、広川ダム周辺の約1,000本の桜(ソメイヨシノ)が咲き乱れ、花見客で賑わいます。

      この桜を見ながら歩く「さくらウォーク」が、毎年行われています。

       

       

      広川ダムのダムカード

       

       

      こちらが広川ダムのダムカードです。

       

      所在地     和歌山県有田郡広川町下木津

      河川名     広川水系広川

      型式      重力式コンクリートダム

      ゲート     クレストラジアルゲート2門

              ホロージェットバルブ1門

      堤高・堤頂長  53.5m・166.0m

      総貯水容量   350万立方メートル

      管理者     和歌山県

      本体着工・完成年1968年・1974年

       

      広川流域は過去から度々水害を受けてきたが、

      昭和28年水害の壊滅的な被害を契機に、

      広川治水ダム建設事業として建設された。

      広川ダム公園は桜の名所として知られ、ソメイヨシノを中心に

      約3000本の桜が植えられている。

       

      和歌山県管理ダムの中では唯一、

      発電等を目的としない純粋な河川ダムである。

       

       

       

      阪和自動車道、広川インターで降り、

      和歌山県道21号線を南下し、ほたるの湯を目指した先に広川ダムがあります。

       

       

       

      広川ダム、ダムカード配布場所

      有田振興局建設部広川出張所

       

      住所

      〒643-0051 和歌山県有田郡広川町下津木1619−6

       

      配布日時

      9:00〜17:45(土、日、祝祭日を含む)休日は広川出張所2階事務所入口のインターホンを押して下さい。

       

       

      コチラが配布場所です。

      写真に写っている赤い階段を登って二階にインターホンがありますので、

      日曜はそれを押して職員さんに対応してカードをいただきます。

       

       

       

      2階に上がると玄関があります、

      右側にインターホンがありますので、それを押すと

      後ろから声がして、渡り廊下を渡って後ろ側の建物から職員さんがやってきました。

      宿直室があるようです。

       

      天端は立入禁止となっていました。

       

      ホロージェットバルブが見えます。

       

      駐車スペースは出張所少し手前に数台止められるスペースが有りました。

      注意点として、この出張所周辺からは広川ダムの全景、

      つまり最初に乗せたような下からの写真はここからは撮影できないということ、

      広川ダム湖側からの写真で良いなら、ここから少し進んだ場所に見晴らせる広場がありました、

      駐車スペースもあります。

      公衆トイレも出張所周辺にはありません。

       

      地図を見てみると、グーグルマップにも道路の表記がありませんが、

      航空写真をよく見ると、滝原公民館の川を挟んだ南側を東へ行く道があり、

      その先に公園がありそこにトイレが有りました。

       

      広川ダム公園というようです。

       

      ただ、この公園への道はかなり狭く、

      公園で行き止まりになるのですが、車を転回させるスペースもなく、

      来た道をバックで走るハメになります。

      バイク以外で行くのは控えたほうが良いかと思います。

      バイクでもリッターバイクなどの大型だと転回に苦労するかも・・

      これはスーパーカブで行くしかないですね!

       

       

      道の行き止まりから、この橋を渡るとそこからが広川ダム公園です。

       

      私が行ったのは11月でしたので気配がありませんが、

      公園にはかなりの数の桜の木が植えられていました。

       

      公衆トイレです。

      山の中のトイレなのに、結構キレイに管理されていました。

       

      ダムカード収集をしていると、山の中でトイレに困るので、

      ダム周辺のトイレ情報は押さえておきたい情報の一つです。

       

       

      広川ダム周辺、観光温泉情報

       

      広川・日高川ウィンドファーム。

       

       

      広川町と日高川町をまたぐ、県道21号線、

      室川トンネルの日高川町側の入り口すぐの交差点から森林基幹道白馬線に入ると、

      道に沿って風車が建設されています。

       

      写真は和歌山県道21号線を中津村方面へ行き、あと少しで県道26号線と交差する辺りから撮影しました。

      風車の真下まで行かなくても壮大ですが、

      真下まで行くともっと壮大でしょう。

      ただちゃんとした駐車場などはなく、少し広くなっている所に駐車しなければならないようです。

       

       

      滝原温泉 ほたるの湯

      広川ダムのすぐ近くにある温泉施設。

      自然に囲まれた「ほたるの湯」では温泉以外の 楽しみもいっぱい。
      春は桜、夏は蛍鑑賞、秋はハイキング、冬はぼたん鍋・・・など、

      季節ごとに様々な風物詩が楽しめます。

      フナやメダカなどが泳ぐ自然石積の『親水池』、

      トンボやカエルなどが生息する『ビオトープ池』、

      ホタルの繁殖を観察できる『せせらぎ護岸』からできています。

      せせらぎ護岸内には板敷きの遊歩道があり動植物を間近に見て楽しむことができます。

       

      日帰り入浴の他に宿泊もできます。

      大人500円

      小人300円

       

      営業時間 午前10時30分〜午後8時
      休館日 毎月第2木曜日、12月31日〜1月1日広川町交流促進センター 滝原温泉 ほたるの湯
      〒643-0051 和歌山県有田郡広川町大字下津木1539番地
      TEL 0737-67-2641
      FAX 0737-67-2661
      http://www.hotaruno-yu.com/