スーパーカブ純正部品が届いた!ガンガンメンテナンスしていきます!

0

    JUGEMテーマ:スーパーカブ

    この記事は、私の以前のブログ、

    「虎風荘の犬小屋」で投稿した内容の加筆修正版となります。

     

     

    この投稿は

    ノーメンテのスーパーカブ90を手に入れたので基本メンテフルコース!

     

    の投稿の続きとなります。前回をまだご覧になっていない方は、

    合わせてお読みいただくとより一層わかりやすいと思います。

     

     

    さて、前回の投稿でスーパーカブの不調だった箇所、

    交換が必要な箇所の純正部品が手に入りましたので、

    今回はドンドン交換していきたいと思います。

     

    SuperCubスーパーカブ90純正部品

     

    届いた純正部品たち、

    ゴム、パッキン類がメインですが、これらを交換すればとりあえず普通に乗れるようになりそうです。

    それにしてもスーパーカブシリーズは純正部品が安くて助かります^^

     

     

    カムチェーンテンショナー先端ゴムの交換

     

    SuperCubスーパーカブ90カムチェーンテンショナーゴム

     

    まずはカムチェーンテンショナー先端のゴム、

    右側が交換前の部品で左が新品。

    一目瞭然ですね、アームを押し続けたので型がくっきり付いて凹んでいます。

    触った感じもカチカチでもうゴムの感じではなかったですね。

     

    コレを交換して、ついでにバネの方を手で引っ張ってテンションがよく掛かるようにしておきます。

     

     

    SuperCubスーパーカブ90ドライブシャフトオイル漏れ

     

     

     

    オイル漏れの修理

     

    次はスプロケット奥のドライブシャフトのパッキンから漏れているオイル漏れの修理です。

    ここから漏れたオイルがサイドスタンドを伝って地面にシミを作るのです。

    コレもスーパーカブの結構メジャーなトラブル。

    カバー外してみると漏れたオイルとチェーンルブでギットギト!

    チェーン的には常に注油されて理想の環境なんですけどね(笑)

     

    SuperCubスーパーカブ90ドライブシャフトオイル漏れ

    スプロケットを外して、パッキンを確認してみました。

    目視では問題ないように見えますが・・・

     

    キリで突き刺して外してみると、もうカッチカチに硬化していました。

    10年以上経過するとゴム関係はだめですね・・・。

     

     

    これじゃあオイルも漏れるはずです。

    裏側を見るとなにかバネでリングのようなものがありました、

    コレが締め付け側にテンションを掛けてオイル漏れを防いでいたのかな?

     

     

     

     

    オイルパッキンを外したドライブシャフトがこちら。

    このまま適当に叩き込むと、もしかしたらシャフトに傷が入ってしまうかもしれないですので、

    そうするとパッキン交換してもオイルが漏れてきてしまいますので・・・・

     

     

     

     

    簡易的ですが、こういうふうにガムテープを巻いて養生しておきます。

    その上で新しいパッキンを挿入するのですが、結構硬いので、

    サイズの合うソケットレンチをあてがって、そーっとコンコン叩き込んで入れました。

     

     

    こちらが新品のパッキン、

    入れてしまった後では違いがほとんどわからないですね、

     

     

    フロントスプロケットの交換

     

     

     

    ついでにフロントスプロケットを1丁上げておきます。

     

    コレは以前リトルカブに付けていたものなんですが、

    75ccのリトルカブに純正比2丁上げは荷が重く外したものです。

     

    スーパーカブとリトルカブは共通部品が多いのです。

    共通部品が多いとこういう時に活きてきます。

     

     

     

     

    SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型スプロケット

     

     

    加速は多少鈍りますが、1速と2速の使い勝手が良くなって私は好きです。

    この辺りは個人の感性もあるので、実際に試して体験してもらうしか無いです。

     

     

     

    ベトベトだったカバーもキレイにしてから取り付けます。

     

     

    オイルキャップの交換

     

    SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型オイルゲージ

    オイルレベルゲージを兼ねたオイルキャップも交換します。

    新品と比べると色の違いがすごいですね。

    別に不具合はありませんでしたが、安いものですのでついでに取り寄せました。

    気分が良くなります(笑)

     

     

    その他、清掃箇所

     

    SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型キャブ

    少し始動性が悪いので、キャブレターの清掃もしておきます。

     

     

    SuperCubスーパーカブ90キャブクリーナー

    各種ジェット類を外して、

    キャブクリーナーに1時間ほどつけ置きました。

    初めて使いましたが変な匂いですね・・・^^;

     

    その後よく乾燥させてから組み込みました。

    キック一発始動安定アイドリングになりました^^

     

     

    SuperCubスーパーカブシート清掃メラミンスポンジ

     

    シートも汚いです・・・

    破れてはいないので掃除でキレイにしてみます。

    張り替えるとホンダの文字もなくなってしまいますし。

    スーパーカブ110の時にもやりましたが、メラミンスポンジが使えます!

     

     

    SuperCubスーパーカブシート掃除メラミンスポンジ

    少し濡らしたメラミンスポンジで優しくこすっていくと、

    ご覧の通りきれいになりました!

    必ず目立たないところで試してから使ってくださいね!

     

    ここまできれいになればもう良いでしょう。

     

     

     

    SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

    レッグシールドも目立つ汚れだけメラミンスポンジかけておきました。

     

    今回のメンテナンスは以上です!

    オイル漏れも止まりエンジンも一発始動するようになりましたが、

    このカブ、少し白煙吹いてますね・・・ピストンリングも交換でしょうか。

    異音で気になる箇所も一箇所出てきましたし、クラッチも少し変。

     

    普通に走れることは走れるのですが、完調までには結構手間がかかるなぁこのカブちゃん^^;

     

     


    ノーメンテのスーパーカブ90を手に入れたので基本メンテフルコース!

    0

      JUGEMテーマ:スーパーカブ

       

       

      こんにちは。

      ヤフオク!での購入ではないですが、以前我が家にやってきた、

      スーパーカブ90最終型ビッグドラムのメンテナンスのことを書きたいと思います。

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

       

      バイクショップなどから購入した場合には、

      まともなお店なら一通りチェックして整備のあと納車されるとは思いますが、

      今回の私のように個人売買なら自分でメンテナンスする必要があります。

       

      なので私の場合のメンテナンスした箇所、不具合の有った場所を記録しておこうと思います。

       

       

      まずはこのスーパーカブ、

      知人の家のおじいさんが乗っていて、もう乗らないということで超格安で譲ってもらいました。

      が、結構過酷な状況で使用されていたようで色々問題ありでした・・・

       

      まずは基本メンテナンスフルコースといってみましょう。

       

       

      メンテナンスの基本 空気圧チェック

       

      まずメンテナンスの基本である空気圧をチェック。
      違和感を感じていましたが高すぎです。
      3キロ以上入っていました^^;
      適正値まで下げておきます。

       

      バイクのタイヤの空気圧は高すぎるとグリップが弱くなり危険です。

       

      スーパーカブ90の場合

      前輪:175kPa
      後輪:200kPa(一人乗車時)

      が、適正値となります。

       

       

       

       

      オイル交換について

       

      お次にオイル交換をしました。

      古いオイルを抜いてみると、かなり真っ黒で粘度も少し低くなっていました。

      そしてなんだか量も少なかったような・・・

       

       

       

      この当時の我が家の基本オイル、

      ホンダウルトラG2 10W-30 を入れておきました。

       

       

       

       

      プラグ交換について

       

      お次にプラグ交換。

      意外にもプラグは綺麗でした。
      交換して間もない感じ?
      交換用プラグも準備してありましたが、必要なかったですね。

      そのまま戻しておきました。

       

       

      外装類のチェック ヘッドライト

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

      次に外装類、見た目のチェックをしていきます。

      ヘッドライトがおかしいですね。

      この年式は結構新しいのに、スモールライトが確認できます。

      配線はつながっていなかったのでスモールは点灯はしませんでしたが、どうやら社外品に交換されています。

      「XANADU」と刻印されていました、ザナドゥと読むようです。

       

      きちんと点灯するので問題ないでしょう。

       

       

      外装類のチェック ハンドル周り

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

      ハンドル周りはきれいですね、合格です。

      運転中常に視界に入りますから、ここはきれいな方が嬉しいですよね。

       

       

      外装類のチェック ボディ

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

      ボディの方も目立った不具合はなくきれいですね。

       

      ヤフオク!なんかだと写真で見ているときれいなんですが、

      実際に車両が届いてみると写真には映らないサビやキズまみれ!ってこともあるので注意です!

       

       

      外装類のチェック レッグシールド

       

       

      SuperCubスーパーカブ90レッグシールド

       

      レッグシールドは結構傷んでいますね・・・

      大きな欠損こそ無いですが、写真のように何かが擦れてできたような黒いシミのようなものや、

      経年劣化からくる細かいひび割れが全体に出ています。

       

       

       

       

      SuperCubスーパーカブ90レッグシールド

       

       

      拡大してみるとこんな状態です。

      紫外線によるダメージで表面が・・・。

       

      まぁいざとなれば純正部品で確か1万円ちょっとだったかと、

      激安社外品なら純正より薄いそうですが、2000円位で送ってくるものもあるとか。

       

      そういうものに交換してみるのも良いかもしれません。

       

       

      SuperCubスーパーカブ90レッグシールド

       

      よく割れてしまうここはまだ割れていませんね。

      でもコレだけ経年劣化が進んでいると時間の問題でしょう。

       

       

      外装類のチェック フロントフェンダー

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

       

      フロントフェンダーはなにか傷が入っています。

      転倒跡かな・・・・?しかもマジックのようなもので塗って補修しています(笑)

      まぁスーパーカブは多少の傷は勲章のようなものですから、味になりますが^^

       

      外装類のチェック マフラー

       

       

      SuperCubスーパーカブ90マフラー

       

       

      マフラーはちょっとピカールで磨くとこんなにきれいになりました。

      へこみもないし合格ですね!

      ただし裏側は例外なくサビています^^;

       

       

      外装類のチェック ステップ

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

      またがってステップに足をおいた瞬間気づいたのですが、

      転倒のせいでしょう、左側が上向きに曲がっています。

       

      手元にあった鉄パイプで曲げてみようと試みましたが、鉄パイプのほうが曲がってしまいました・・・。

       

      ハンマーで叩くっていうのもよく聞きますが、
      エンジンへの衝撃が心配なので、
      ステップ外して家の前のマンホールの穴に突っ込んでひん曲げました。

      コレは結構有効な手かもしれません。

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

      乗った時に違和感ない程度までは修正できました。

       

       

      エンジンのチェック

       

      お次はエンジンのチェック。

       

      エンジンが温まるといいのですが、冷間時になんだか嫌な金属音がするんですよ。
      ガチャガチャ、チャリチャリ、
      最初なんだか分からなかったのですが、クランクベアリングだと面倒だな・・・とか考えたり、
      でも冷間時のみというので、もしやと思って・・・

       

       

      SuperCubスーパーカブ90カムチェーンテンショナー

       

      カムチェーンテンショナーのチェック、
      たまにオイル交換の時にドレンボルトと間違って緩めてバネがビヨーンとよく聞くあれです。

      予想通り異常ありで、
      なんだか先端のゴムがボロボロ。
      この部品も取り寄せないと・・・

       

      オイル量も少なかったですし、油圧がキープできなくて役割を果たしていなかったのかもしれません。

      十分な油圧がかからないとカムチェーンがたるんで異音が発生します。

       

      SuperCubスーパーカブ90カムチェーンテンショナー

       

      カムチェーンテンショナーのチェックバルブのボールが固着していました。

      オイルが汚れすぎてゴミでも詰まっていたのでしょうか。

       

      なのでエンジンを切るたびにオイルが抜け、テンションがかからない状態に、
      エンジンかけて温まるとオイルが充填されてテンションが掛かり正常に、
      なので冷間時のみ異音が出ていたようですね。
      パーツクリーナーで清掃してボールが動き出したので復活です。

       

       

      SuperCubスーパーカブ90ビッグドラム最終型

       

       

       

      タペットクリアランスの調整

       

      勢いでもう一つ、

      タペットクリアランスも調整しておきます。

       

       


       

      タペット音はあまり出ていなかったので・・・

       

       

      SuperCubスーパーカブ90タペットクリアランス

       

      規定値に調整してみましたがあまり変化ありませんでした、

      まぁ異音も出ていないので調整の必要はなかったのですが・・・

      ちなみにスーパーカブ90のタペットクリアランス既定値は、

      指定値0.05±0.02mmです。

       

       

       

       

      オイル漏れについて

       

      あとはオイル漏れ、

      このカブ、実はオイルが漏れているんです。

       

      センタースタンドの辺りに少したれてくるんです。

      原因箇所を探ってみると割と簡単に見つかりました。

       

      スプロケカバーがチェーンルブ以外の油でギトギトです。

       

      SuperCubスーパーカブ90オイル漏れ

       

      ここかなーと思っていたのですが、
      スプロケットの奥のドライブシャフトのオイルシールが劣化しているようです。
      これも交換ですね、
      ついでにシフトペダルとキックペダルのシールも取り寄せましょう。

       

      スプロケットの奥のドライブシャフト

      シフトベダル

      キックペダルのオイルシールが結構定番のオイル漏れ箇所なので、

      純正部品を注文するついでに取り寄せて交換してしまうのが良いと思います。

      ゴムって年数で劣化するので・・・

       

      一通り終わったのでエンジンを掛けてみると、
      カムチェーンテンショナーを一度外したので、すごく神経をすり減らしそうないやな打音がします^^;
      カチャカチャとガチガチが混ざったような、エンジンが終わってるような・・・
      でも1分ほど待ってオイルが入ってくると、異音は全くなくなり静かなエンジンになりました。
      その後エンジンを冷やしてからの再始動でもすごく静か!
      いやーよかったよかった!

       

      でもその後またいろんな不具合が出てくるエンジンなのですが、

      それはまた今度書きます・・・^^;

       


      この辺で暗くなってきたのと疲れちゃったので、
      洗車までは手が回らなかったです(汗)
      いやー、なんだかこういう整備、
      やっぱり楽しいです^^

      とりあえずパーツリストが届いたら、
      何点か取り寄せないと・・・

       

      いやー扱いが雑だった中古は手がかかりますね^^;

       

      この投稿は

      純正部品が手届いた!スーパーカブ90ガンガンメンテナンスしていきます!

      へ続きます。