2018.04.22(日)和歌山城カブオーナーズミーティングが開催されます。

2018.04.22(日)和歌山城カブオーナーズミーティングが開催されます。

2018.04.22日曜日

和歌山県和歌山市にある和歌山城、

砂の丸広場にて

和歌山城カブオーナーズミーティングが開催されるそうです。




和歌山城天守閣は1958年 (昭和33年)に

市民の寄付によって再建され、2018年で再建 60周年を迎えました。

和歌山市のシンボルとして親しまれている

天守閣の歴史等を 市民・子どもたちに伝えることを通じてシビックプライドを醸成 していきます。

また、2018年に生誕60周年をお迎えした

スーパーカブ (本田技研工業株式会社)とともに60周年を記念する企画です。

と、いうことなのですが、

簡単に言うと、

和歌山城が再建されて60周年、

ホンダのスーパーカブシリーズも今年で60周年、

なので一緒にイベントをやっちゃいましょう!

という企画のようです。

私の知る限り、和歌山市主体のこういうカブイベントは初めてだと思うので(違ったらごめんなさい)

どういったイベントになるのかちょっと楽しみにしております。

イベントの詳細

日程

2018.04.22日曜日

時間

10:00~16:00くらい

受付時間

10:00~12:00

和歌山城を勉強

10:00~14:00

「和歌山城センター試験」○×クイズだそうです

14:00~

和歌山城天守閣、わかやま歴史館に入場。

そこでの展示物、展示パネル等をよく勉強すること!

・また、動物園、御橋廊下、長屋門、茶室に関する出題もあるかも??

・桜咲く合格者??へは 豪華?・・・景品?をご用意してます!

とのことですので、

10:00~14:00

の、和歌山城を勉強、というのは、このクイズ大会のために、

和歌山城を勉強して回っておく時間のようですね。

その後に、出展者側からのPRタイムと、

出展者側からの協賛品をかけたじゃんけん大会などもあるようです。

結構有名所が出展しているので、

なにかいいものが協賛品になっているかも・・・?

場所

和歌山市、和歌山城、砂の丸広場(和歌山城西側にある広場です)

参加費

無料

スーパーカブシリーズ(リトルカブ、クロスカブ、ハンターカブ、CT110など)

で参加した人は受付で、

和歌山城入場券

和歌山城再建60周年記念ステッカー

フリードリンク

スーパーカブ60周年記念冊子(非売品)

がもらえるそうです。

注意事項として、

道交法に違反する改造を行っている車両、

MDシリーズの郵政カブそのままのカラー、

もしくは赤色で郵政カブと見間違える車両。

郵政カブで使用していたであろう装備を装着した車両。

などは参加できないそうなので、ご注意ください。

再塗装されていたりすれば問題ないそうです。

当日はモトチャンプの撮影会が行われるそうですので、

ご自慢の愛車が雑誌に掲載されるチャンスかも・・・!?

モノチンリドロさんやナナカンパニーさんM&Fカビィさんなんかも出店されるようです。

あとは、予約が必要で、料金も発生するようですが、

甲冑(かっちゅう)の着付け体験などもあるそうです。

甲冑を着てカブに乗ろらよ!と言っているので、

そのままカブに乗っても良いのかな?(笑)

和歌山城観光案内所にて着付けを行うようです。

基本要予約のようですが、

当日に空きがあればその場で着ていただけるようです。

更に同日、

西の丸広場で、「第13回マジカルミュージックツアー」

という音楽イベントも開催するようです。

砂の丸広場から歩いてすぐ行ける場所にありますので、

コチラも気軽に楽しんでみてもよいかと思います。

近隣の飲食店事情のご紹介

お昼をまたいだイベントということで、

周辺の飲食店事情なども少し紹介しておきます。

和歌山城西側、紀ノ川大橋方面に少し行った場所に

ロイヤルホストがあります。

R24を北に600mのところにステーキガストがあります。

和歌山城南側にモスバーガー三年坂店。

その道を東側へ行き、屋形町交差点に、いも膳

という、食堂形式のレストランがあります。

あとは北側にあるホテル、ロイネットの中に、

信濃路本町店、があります。

同じホテルの中にファミリーマート。

あまり飲食店が豊富にあるとは言えませんので、

お昼ご飯に関しては、少し事前に調査してからの方が良いと思います。

和歌山城でカブイベントがあると聞いたときは、

どんな感じのイベントになるんだろう、と少し心配していましたが、

主催者側のHPで説明を見ていると、

想像していたよりしっかりとしたイベントのようです。

どのくらい参加者が集まるのかは前例がないので予想が付きませんが、

できることならば大盛況となり、2回、3回と続いていくイベントになってほしいです。