黄色リトルカブ、ボアアップしました!

黄色リトルカブ、ボアアップしました!

この記事は、以前運営していたブログからの転載となります。

妻も無事に小型自動二輪AT限定を習得出来ましたので、
本日リトルカブのボアアップ作業を行いました。

季節は変わってきているのですね~
真夏は日陰だった私の作業スペース、
というか普段VTR250を止めている場所からVTRをどかして、
そこで作業したのですが、
今日は直射日光が・・・・ジリジリ・・・
暑いよ!?と言うか熱いよ?!

頭が痛くなる気配もするし、休み休みやっていたので、
半日もかかってしまいました^^;
一度固着している場所をこじろうと、
大きいマイナスドライバーで力をかけると、
ドライバーの透明な樹脂の柄の部分が熱くなりすぎていてグニャリと曲がりかけました^^;
水で冷やすとまた硬くなりました・・・太陽光恐るべし・・・

レッグシールドを外しました、
汚い!(笑)最後に掃除しました^^

まずはフライホイールの位置を合わせて、
カムスプロケットを外します。

クランクセンターキャップを外すとナットが見えるので、
T型レンチやラチェットで回し、
その上にあるのぞき窓から見て切り欠きと「T」マークを合わせておきます。

カムスプロケットを止めているボルトの位置が横並びに一直線になっているはずです。

そしてヘッドを外します。

カムチェーンが外れないように紐などでくくっておくのがおすすめです。
ずれちゃうと後が大変です(汗)

そ~っとシリンダーを抜いて、ピストンも外します!
ピストンピンをふっとばさないように注意!

あと、残った古いガスケットを丁寧にキレイに除去してください、
これの作業で手を抜くとオイル漏れます・・・

50ccと75ccピストン比較!

大きさも違うけど古い方汚い!

ここから手が油まみれだったので、
いきなり組み上がった写真!

あとピストンが重くなった分回転が上がりにくくなるので、
ハイカム組んで、
キャブのメインジェットを75→80に、
ゆっくりフライホイル側から手で回して、
違和感なかったので始動!
最初はすぐ止まったので、キャブを少し調整して一発始動になって
アイドリングも安定!

ナンバーがまだ変更できていないので、
今日は10分ほどアイドリングしておしまい。

今回も無事トラブル無く終わってよかった!
後は自賠責の保険会社に連絡して変更の届けと自賠責のステッカーもらって
ナンバー変更して・・・
あ、あとフロントフェンダーとリアフェンダーの原付2種マーク作らないと^^;

私の住んでいる自治体は排気量の変更は簡単ですが、
自治体によっては必要な書類が多かったり厳しいところもあるようです。

今回のデータ
キタコ ライトボアアップキット75cc
キタコ ノーマルヘッド用ハイカム
メインジェット80番
プラグ変更ナシ
フロントスプロケ16T・・・

これで白バイを気にせず妻も普通に走れます!
パワーも劇的ではないですが実用的にはなります^^

もうすぐ公道デビュー!